2024年5月27日月曜日

準備が自分を守ってくれる

こんにちは。

医療ソーシャルワーカーの横井です。


今日は準備が大切だという話を

したいと思います。

先日、私が読んだ書籍に

次のような一節が載っていました。


一日の計画は朝に立てるべきであり、

一年の計画は春に立てるべきであり、

一生の計画は若いときに立てるべきである。


要するに「前もって準備」を

しておきなさいということですね。


何ごとも冷静に考える余裕がなければ、

正しい道を選ぶことはできません。


突然の病気やケガによって

身体が不自由になってしまったとき

冷静にものごとを考える余裕はありますか?


とくに高齢者の場合は対応が遅れると、

そのしわ寄せが家族に向きます。


突然、親の介護が始まるかもしれません。

施設入所ともなれば急な支出が発生

するかもしれません。


何歳までが大丈夫なんてことはないのです。

「まだ大丈夫」なんて思っていると、

足元をすくわれるかもしれません。


これからますます深刻になる介護問題。

対策方法は3つです。


①情報を集める

②家族間で先々について話し合っておく

③必要な手続きをしておく


とくに①②は大事です。


多くの悩みに寄り添ってきましたが、

情報がないから動けないのだと思います。


まずは何が必要なのかを

「知る」ことが大切です。


そして家族での話し合いが先々に

大きく影響していきます。


本人の意思を確認できないまま、

意思疎通ができない容態になってしまい

頭を抱えるご家族が大勢いるのです。


まずはファーストステップである

情報収集から始めていきましょう。


その最初の一歩が

未来を変えていくのですから。


□□□□□□□□□□□□□□□□□

私の記事テーマは「専門職のもう一歩」

専門職という型にはめただけでは

解決できない問題はやまほどあります。


人生を豊かにするための「気づき」を

地域のみなさま、そして専門職の方へ

共有させていただきます。


地域医療連携課 横井


2024年5月24日金曜日

「なりたい自分」になる方法

こんにちは。

医療ソーシャルワーカーの横井です。


今日は「なりたい自分」になる方法を

お伝えしたいと思います。


結論から言うと、

なりたい自分になるためには


「RAS」をうまく機能させましょう!


RASとは網様体賦活系という

脳機能の一つです。


RASは情報のフィルターとして機能し、

不要な情報は取り除いて

必要な情報だけをインプットします。


日頃から

自分はツイてない人間だと思っていると、

RASはネガティブな情報だけを集めます。


すると不運なできごとばかりが

目につくようになり


ますますツイてない人間としての

完成度を高めようとするのです。


もしも自分が貧乏な人間だと思えば、

貧乏な情報だけが集まってしまいます。


そのため自分は幸せだと定義して

生きる方が断然幸せになれるわけです。


当法人のバイブル

刀圭会フィロソフィーにも

「夢を描く」という項目があります。


夢を描けるかどうかで

人生は変わると書かれています。


私たちの身体は手足が独自に意思を

もって動くわけではありません。

脳が描いた通りに手足は動きます。


ですから理想の未来を描けば、

その未来に向かって身体が動くのです。


何を思い、なにを考え、なにを描くのか。


まだまだ若い人たちも、

第一線を離れ人生の後半を歩む人たちも、

なりたい姿を描いていきましょう。


描く未来に迷った際は、

いつでもご相談くださいね。


□□□□□□□□□□□□□□□□□□

私の記事テーマは「専門職のもう一歩」

専門職という型にはめただけでは

解決できない問題はやまほどあります。


人生を豊かにするための「気づき」を

地域のみなさま、そして専門職の方へ

共有させていただきます。


地域医療連携課 横井


2024年5月23日木曜日

作業的に生きない

こんにちは。

医療ソーシャルワーカーの横井です。


みなさんは2日前の夕食で

何を食べたか覚えていますか?


2日前どころか、

昨日食べたものすら思いだせない

という方もいるかもしれません。


夕食の内容が思いだせない方は

作業的な人生を歩んでしまって

いるかもしれません。


朝目が覚めて仕事に向かって

自宅に帰ってきて

ご飯を食べて寝る。


そしてまた朝。


こうした繰り返しの日々を、

ただただこなすだけに

なっていませんか?


私たちの時間は有限です。

そして無駄に過ごした時間を惜しむ

生きものでもあります。


「あのとき〇〇していたら」


そんな後悔をしたと思えば、

また日々を作業的に過ごすのです。


一瞬一瞬に自分が何を思うのか

心の状態にフォーカスしていきましょう。


夕飯のお味噌汁が美味しかった。

家族との会話を幸せに感じた。

手を貸してくれる友人がいて嬉しかった。


些細なことでさえも

自分の気持ちを大切にして

過ごしていきましょう。


近年では「人生会議」という

言葉が重要視されています。


お金のこと

介護のこと

医療のこと

など


将来、判断ができなくなったときのために

家族で話し合うことが推奨されています。


作業的な人生を歩んでいては、

自分が本当に大切にすべきものが

見えなくなってしまいますね。


一つしかない人生なのですから、

自分の気持ちを大切にしていきましょう。


先々のことでお困りの際は、

いつでもご相談ください。


□□□□□□□□□□□□□□□□□□

私の記事テーマは「専門職のもう一歩」

専門職という型にはめただけでは

解決できない問題はやまほどあります。


人生を豊かにするための「気づき」を

地域のみなさま、そして専門職の方へ

共有させていただきます。


地域医療連携課 横井


2024年5月22日水曜日

介護は対策が一番

こんにちは。

医療ソーシャルワーカーの横井です。


本日は今年度1回目の

広報委員会が開催されました。


すでに5月下旬ではありますが、

今月のブログ担当となりましたので

お付き合いよろしくお願いいたします。


話は変わりまして…


先日、当法人が運営するそうび苑で

高齢者を対象に講話をしてきました。


「そうび苑のその先を考える」

というテーマで


もし病気やケガをしてしまい

元居た施設に戻れなくなったとき


どうなってしまうのか?

どうすればよいのか?


医療ソーシャルワーカーの視点で

お話をさせていただきました。


「元の生活に戻れない」という問題は、

そうび苑の方に限る話ではありません。


いまは元気に自宅で生活されている方も、

突然の病気やケガによって


自宅で生活できなくなってしまう

可能性もあります。


とくに80代以上の高齢者ともなれば

そのリスクは高まるでしょう。


最期まで自宅で生活することを

本人と家族で話し合えているなら

それほど困ることはありません。


しかし大抵は先々について

話合っていないご家庭がほとんどです。


介護問題はことが起こってからの

対処ではなく事前の対策が一番です。


どう対応すればいいかは

今日のブログではお伝えしきれないので、

おすすめの情報源をお伝えします。


昨年度より地域医療連携課では

Instagramによる介護対策についての

情報を発信し始めました。


医療ソーシャルワーカーから見た

介護対策のポイントをお伝えしています。


ぜひアカウントフォローして

介護対策をしていきましょう。


リンクはコチラ

https://www.instagram.com/renkeika3340/


もし介護問題で困ってしまった際は、

地域医療連携課までご相談ください。


地域医療連携課 横井


2024年3月1日金曜日

お済ですか?年に一度の特定健診

 

帯広市から送れられております受診券をお持ちいただくと下記の通り無料で受けられます。

今年度の受診券をお持ちの方でまだお済でない方は、令和6年3月までに受診願います。

尚、期日が迫ってしまいますと期間中に予約が取れない場合がございますので早目のご予約をお勧めいたします。

まずはお電話でご予約・お問い合わせ願います。



広報 岡坂

2023年12月4日月曜日

ドクターセミナーが開催されました

こんにちは。

刀圭会 魅力発信プロジェクトリーダーの横井です。


先日12/2(土)、当法人主催のドクターセミナーが開催されました。

講師として杉山絢子 先生(帯広協会病院 腫瘍内科 主任部長)をお招きし『今時のがん治療と在宅医療』についてご講演いただきました。




























「もしも自分が”がん”になったら……」

「もしも家族が”がん”になったら……」



誰しもがそのようなことを、一度くらいは考えたことがあるのではないでしょうか?



“がん”は誰にとっても気になる病気の一つです。

私自身、約1年の間に身内を2人”がん”で亡くしました。



2人とも病気が発覚するまでは、いたって普通に日常生活を送っていました。

それがある日突然”がん”と診断され、心の準備もないまま病気と向きあう生活がはじまってしまったのです。



もし今回のような講演を聞いていれば、病気の受け止め方だけでも変わるものがあったのではないかと感じた次第です。



今回、講演のなかでは杉山先生が治療でたずさわった患者さまの治療経過を紹介していただきました。

多くの方ががん治療と在宅医療を、具体的にイメージできたのではないでしょうか?



やはり『知っておく』ことは大切だと、あらためて感じました。



“がん”という病気のこと。


その治療方法。


在宅で療養する方法。


そして予防や早期発見について。



刀圭会では引き続きこうした知識を発信する場を設けていきたいと思います。

また協立病院では病気の早期発見を目的とし、大腸ドック・ミニドック検査もご提供しています。



次回ドクターセミナーは2/17(土) 13時より開催予定です。

講師は青柳 勇人 先生(帯広協会病院 小児科 副院長)をお招きし、ご講演いただきます。



テーマは『オンライン診療の現状について』です。






















近年、注目されているオンライン診療ですが、高齢化、業界の人材不足、感染対策などさまざまな面から需要が高まると考えられます。



ぜひ患者さまだけではなく、地域の医療介護に従事されるみなさまにも知っていただきたい内容となっております。



入場無料ですので、ご都合があいましたらお気軽にご参加ください。

スタッフ一同、お待ちしております。


2023年12月1日金曜日

MRI装置が新しくなりました!

 

 11月より当院の1.5T MRIが新しくなりました!!


工事中の様子

新しいMRI装置は以前の装置と比較して、検査時間の短縮検査音の軽減が可能になりました。


装置の性能が向上したことにより、MRI検査の一番の懸念点である検査時間が短くなりました。さらに検査音が軽減されたことにより、耳栓が苦手な患者様にも安心して検査を受けて頂けるようになりました。


 新しいMRI装置の導入によって、患者様の負担がより軽減されています。MRI検査を考えている方がおられましたら、一度協立病院までお越しください。