2023年1月27日金曜日

可能性を手放さない方法

こんにちは。

医療ソーシャルワーカーの横井です。


昨日は「頼り頼られるコミュニティ」

の話をしました。


『コミュニティ』


つまりどんな“環境”に身を置くかで、

私たちの幸福度は変わります。


そしてもう一つ。

環境によって“可能性”も変わります。


◆環境が人生を変える

私はここ最近、

多くのコミュニティに身を置くようになりました。


経営者が集うコミュニティ。

マーケティングを学ぶコミュニティ。

ライターが集うコミュニティ。

地域づくりのコミュニティ。


職場もひとつのコミュティです。


このように環境を変えると、

思考も価値観も見える世界感も変わります。


知らなかった言葉や考え方は、

自身を大きく成長させ可能性を広げます。


いままで病院でしか使わなかった知識が、

違う場所で価値をもたらすようになりました。


その逆もしかり、

ほかのコミュニティで得た価値やノウハウが

病院(職場)で活かされることもあります。


◆チャンスは広げるもの

最近ですが、

あるベストセラー作家さんのトークで、

こんな話を耳にしました。


「日本語しか使えなければ79億人と話す機会を失う」


まさにその通りですね。


日本に住んでいる限り、

日本語さえ話せれば生活に困ることはありません。


ですが、

外国語を知らなければ大きな可能性や

チャンスを潰してしまう可能性もあるでしょう。


話の規模は大げさですが、

79億もの可能性をみすみす逃してしまうのです。


現状に甘んじていては、

巡りあえないチャンスがあるかもしれません。


◆“専門性”を超えていく

規模感を世界から病院に戻しましょう。


私たち医療専門職はどうしても、

専門職だけの世界観でものごとを見てしまいます。


医者としての視点。

看護師としての視点。

医療ソーシャルワーカーとしての視点。


それらは、

スペシャリストとしてとても重要です。


ですが、

医者としての視点しかない。

看護師としての視点しかない。

医療ソーシャルワーカーとしての視点しかない。


これでは先ほどの例と同様に、

日本語しか使えない日本人と一緒です。


協立病院で働く医療ソーシャルワーカーが行うのは、

ソーシャルワークです。


しかし、これは手段であって目的ではありません。


私たちが目指すものは病院基本理念でもある、

『喜ばれる医療の提供』です。


ソーシャルワークだけを究めれば、

喜ばれる医療が提供できるかといえば

そうではないと思います。


専門職としての“可能性”を広げる。

そのために新たな挑戦をしつづける。

専門職を超えた専門職になる。


そのためにも、

新たな世界をしることが大切だと思うしだいです。


---------------------------------------


  お知らせ

協立病院地域医療連携課では、

新たに1名の医療ソーシャルワーカーを

募集しています。

 

うちの連携室、

最大の魅力は……

 

・人間関係良好 大事

・定時退勤可能 重要

・年休使い切り推奨 嬉しい

 

部署内には、

ケアマネ資格のある職員や看護師もいて、

わからないことがあっても安心です!!

 

意地悪な職員もいません(断言)

全員心優しい職員ばかりです。

 

私たちは『喜ばれる医療』を

実現できる仲間を求めています。

 

あなたもその一人になりませんか?


以下の募集ページよりご確認ください。

募集ページ



2023年1月26日木曜日

人は何に幸せを感じるのか?

こんにちは。

医療ソーシャルワーカーの横井です。

 

みなさんはどんなときに

幸せを感じられるでしょうか?

 

美味しいものを食べているとき?

疲れ果てて眠りにつくとき?

趣味をしているとき?

 

ハーバード大学が75年間に渡り研究した

幸福に関する“研究結果”がとても面白いのです。

 

◆幸せの研究

ハーバード大学は75年に渡り、

「人は何に幸せを感じるのか?」について

研究を行ったそうです。

 

75年!!

すごいですね。

 

そんな75年がかかりの研究の結論が以下です。

 

人が幸せを感じるのは金・富・健康ではなく

「同じ志をもつコミュニティで頼り頼られ生きること」である。

 

お金でも健康でもなく「信頼しあうコミュニティ」が

人の幸せだというのです。

 

みなさんはこの答を聞いて

なにを感じるでしょうか?

 

◆我々は孤独を埋めたいのかもしれない

あなたが使いきれないほどのお金を

もっていたとしましょう。

 

好きなものを買って、

好きな場所に住み、

好きなことをして暮らせます。

 

でも、それが孤独であればどうでしょう?

 

好きなものを買っても、

好きな場所に住んでも、

好きなことをしても、

共感してくれる人はいません。

 

これでは何一つ楽しくありませんし、

幸せとはいえないでしょう。

 

健康も同様です。

 

私たちは健康をよいものとしています。

健康であればあたかも幸せのように思ってしまいます。

 

ですが、健康そのものが幸せなのはなく、

その先にある目的のために健康が必要なのです。

 

やはり健康もまた、

孤独であれば幸せには

つながらないようにも思えます。

 

◆同じ志を持つコミュニティが創る幸せ

やはり、

私たちは共感し合える場所が好きですし、

そのなかで生きがいを感じられます。

 

誰一人共感してくれない贅沢も、

目的のないただの長生きも、

それ単体では幸せにはつながるといえません。

 

人間社会に生きる私たちが真に得たいものは、

頼り頼られ生活していける環境です。

 

私たち刀圭会グループには、

地域住民の健康と生活を支える使命があります。

 

高齢社会で孤立していく人。

感染症の流行で孤独になっていく人。

 

このままではどんどん

人々の幸せが遠のいてしまうかもしれません。

 

そんな社会を救うヒントが、

『頼り頼られるコミュニティ』に

あるのではないかと感じています。

 

もし幸せが足りないと感じたなら、

こうした視点で自分の環境を振り返って

みてはいかがでしょうか?


---------------------------------------


  お知らせ

協立病院地域医療連携課では、

新たに1名の医療ソーシャルワーカーを

募集しています。

 

うちの連携室、

最大の魅力は……

 

・人間関係良好 大事

・定時退勤可能 重要

・年休使い切り推奨 嬉しい

 

部署内には、

ケアマネ資格のある職員や看護師もいて、

わからないことがあっても安心です!!

 

意地悪な職員もいません(断言)

全員心優しい職員ばかりです。

 

私たちは『喜ばれる医療』を

実現できる仲間を求めています。

 

あなたもその一人になりませんか?


以下の募集ページよりご確認ください。

募集ページ


2023年1月25日水曜日

命の時間を削って生きている

こんにちは。

医療ソーシャルワーカーの横井です。


2023年、

1月もあと1週間になりました。

みなさんはどうお過ごしでしょうか?


なにもせずに今日を迎えた人。

新たな挑戦を始めた人。

さまざまいるでしょう。


私は今日も1月の目標にした

ブログ更新に取り組んでいます。


プライベートでは、

新たな学びもはじめました。


みなさんはいかがでしょう?


◆命の時間を削って生きている


『私たちは命の時間を削って生きている』


私が最近大切にしているマインドです。


私たちはいまこの瞬間も、

命の時間を削りながら過ごしています。


寿命がいつやってくるかはわかりません。

それでも着実に命は削られます。


食事をしている瞬間も、

なにかに打ち込むその瞬間も、

身体を休めて眠る瞬間も、

ダラダラとTVを観ている瞬間も、

私たちは命を費やしているのです。


そう考えると…

“無駄な時間”というものはありませんね。


すべてが「大切な時間」と

思えるのではないでしょうか?


◆なにを対価とするのか

命を“削って”生きていると思うと、

きちんと自分自身と向きあえるようになります。


食事の瞬間ひとつとっても、

そこから得られる感謝や幸せなど、

感じるものも大きく変わっていくでしょう。


せっかく命をささげているのだから、

一瞬一瞬を大切にしたいと思えるものです。


「せっかち」や「ケチ臭い」という意味ではなく…


こうしてブログを作成する時間も、

どうせなら誰かのためになって欲しいと思うわけです。


これは私、横井の命の文章にほかなりません。

文字どおり“命懸けで”読んでいただきたいと思っています。


(それは冗談ですが……)


この「命を削って生きている」という視点ですが、

見落としてはいけないものがひとつあります。


それは……

「他人も命を削っている」ということです。


◆他人も命を削っている

私たちは人間社会のなかで生活し働いています。


医療ソーシャルワーカーという仕事も、

多くの人と関りながら仕事をしていますし、

他人を頼らなくてはいけません。


つまり誰かの時間を

奪ってしまうこともあり得るのです。


雑で読みにくいメモを残せば、

余計に相手の命を奪ってしまうかもしれません。


自分の仕事が中途半端なら、

誰かが命を削ってカバーしなければいけなく

なるかもしれません。


職業柄「連携」という言葉をよく使いますが、

「連携」とはとても重たい言葉でもあります。


私たちは常に誰かの命を

削っているかもしれません。


でもそれが人間でもあります。


誰にだって間違いはありますし、

完璧にはなれません。


だからこそ必要なのが、

『感謝と愛』なのだと私は思っています。


奪うことを当たり前としない。

奪うことがあっても「感謝と愛」の心をもつ。


そして自分の命もまた、

他人へ使っていることも忘れないようにしましょう。


大切に、大切に、

この瞬間を生きていきたいと思うしだいです。

---------------------------------------


  お知らせ

協立病院地域医療連携課では、

新たに1名の医療ソーシャルワーカーを

募集しています。

 

うちの連携室、

最大の魅力は……

 

・人間関係良好 大事

・定時退勤可能 重要

・年休使い切り推奨 嬉しい

 

部署内には、

ケアマネ資格のある職員や看護師もいて、

わからないことがあっても安心です!!

 

意地悪な職員もいません(断言)

全員心優しい職員ばかりです。

 

私たちは『喜ばれる医療』を

実現できる仲間を求めています。

 

あなたもその一人になりませんか?


以下の募集ページよりご確認ください。

募集ページ


2023年1月24日火曜日

自らがその変化となれ!

こんにちは。

医療ソーシャルワーカーの横井です。


私たち医療従事者は、

患者さまに処置や生活習慣について

指導を行うことが多々あります。


”塩分”は控えましょう。

”糖分”は控えましょう。

”脂質”は控えましょう。

”運動”するようにしましょう。


指導をするというのはとても簡単ですが、

相手に必要性を理解してもうのは大変です。


いうのは簡単だけど、

実践するのは難しいですね。


◆糖尿病の子どもとガンジー

インドの思想家ガンジーをご存じでしょうか?

誰もが歴史の教科書で目にするあのお方です。


ガンジーにはこんなエピソードがあるそうです。


ある日ガンジーのもとに、

糖尿病を患った子どもとその母親が訪れました。


母親はガンジーにあるお願いをします。


「この子が糖尿病なのに、砂糖をやめてくれないのです。

ガンジーさんからやめるよういってください」


するとガンジーはいいます。


「では、2週間後来てください」


それから2週間後、

親子はガンジーのもとに再来しました。


そこでガンジーは

子どもに対し糖をやめるよう注意し、

その子どもは砂糖をやめることができたのです。


ガンジーはなぜ、

親子が最初に訪れたときに

砂糖をやめるよういわなかったのでしょうか?


◆自らがその変化となる

母親はガンジーに尋ねました。


「なぜ最初から息子に

指導してくれなかったのですか?」


するとガンジーは答えます。


「私は2週間前、砂糖を食べていました。

だからこの2週間砂糖を断っていたいたのです」


ガンジーは、

子どもに砂糖をやめるよう指導するため、

自らも砂糖を断っていました。


相手の身になって考える。

相手の気持ちを推し量る。


簡単そうで意外と難しいものです。


そして、

案外忘れてしまいがちな部分でもあります。


部屋が汚い人に、

整理整頓を注意される。


太っている人に、

痩せるよう注意される。


自分が注意される立場だとしたら、

どことなく納得がいかないでしょう。


医療従事者と患者さまにも同じことがいえます。


相手の痛み・不安・価値観など、

理解しようとせずにあれをやれ、

これをやれとはいえません。


「世界にそれを望むなら、自らその変化となれ」


ガンジーの言葉です。


思い通りにいかない世の中を変えるのは、

他人ではありません。


”自分自身”なのです。


少しでも考えるきっかけになりましたら幸いです。


---------------------------------------


  お知らせ

協立病院地域医療連携課では、

新たに1名の医療ソーシャルワーカーを

募集しています。

 

うちの連携室、

最大の魅力は……

 

・人間関係良好 大事

・定時退勤可能 重要

・年休使い切り推奨 嬉しい

 

部署内には、

ケアマネ資格のある職員や看護師もいて、

わからないことがあっても安心です!!

 

意地悪な職員もいません(断言)

全員心優しい職員ばかりです。

 

私たちは『喜ばれる医療』を

実現できる仲間を求めています。

 

あなたもその一人になりませんか?


以下の募集ページよりご確認ください。

募集ページ


2023年1月23日月曜日

介護にお金を払う癖をつける

こんにちは。

医療ソーシャルワーカーの横井です。


みなさんに質問です。


最近お金を払ったモノやサービスで、

一番高額だったのはなんでしょうか?


パソコン

家具

家電

楽器

旅行


きっとそれぞれ違うと思います。


ちなみに私は、

50万円の講座(情報商材)です。


たかが情報に50万円を支払ったの!?

と驚かれる方もいるでしょう。


今日のテーマは『お金のブロック』です。


これがあるかないかで、

モノやサービスに対する”価値観”が異なります。


そして、お金のブロックは

介護の場面でもみられることがあるのです。


◆お金のブロック

私たちは”未知”のものに対して

お金を支払うことを渋る習性があります。


これを『お金のブロック』だと思ってください。


少し大げさに解説します。


過去に300万円の新車を買ったことのある人は、

200~300万円で車を買うイメージができるはずです。


買うだけのお金さえもっていれば、

過去の経験をもとに同じように予算を

組むこともできるでしょう。


しかし…

過去に50万円の中古車しか買ったことがない人が、

300万円の新車を購入するは容易ではありません。


たとえ前者と同額のお金を

もっているとしてもです。


これが『お金のブロック』です。


情報に対して50万円支払ったことのある私は、

情報に対して10~20万円程度であれば抵抗なく払えます。


「安い!」という感覚さえあります。


要するにお金を払うだけの”価値”を感じているわけです。


価値観というのは人それぞれです。


車には300万円支払える価値を見いだせても、

勉強には1万円も使いたくなという方もいます。


このように、

未体験なモノやサービスを購入する際には、

『お金のブロック』がかかってしまうのです。


◆介護は基本的に未体験なサービス

さて、同じことを

「介護」にあてはめるとどうなるでしょう?


いまだ介護を経験したことのない方は、

介護費用に対してお金のブロックがあるはずです。


介護のために”毎月数万円”、

もしくは”数十万円”支払うような未来は

想像できないでしょう。


私は介護問題に立ち向かうひとつの術として、

お金のブロックの”解消”があげられるのではないかと思っています。


介護の悩みを生む原因のひとつは「お金」です。


介護のために仕事を犠牲にすれば”収入が減る”。

仕事を優先して施設入所を選択すれば”支出が増える”。


みなさん、介護に対してお金を

使いたくないから思い悩むわけです。


◆介護にお金を使う癖をつける

いっそのこと、

300万円の車や50万円の情報商材のように、

介護で発生するお金のブロックを外してみるのはどうでしょう?


お金のブロックがあるまま、

毎月15万円の施設費用を払うAさん。


お金のブロックをはずして、

毎月15万円の施設費用を払うBさん。


きっと見える世界は異なるでしょう。


いずれやってくる介護問題なのですから、

いまのうちに心の器を広げておくのも手だとは思いませんか?


まずは少しずつでかまいません。

ブロックを外す癖をつけてみてください!


介護対策の本を買ってみる。

介護対策の有料セミナーを受けてみる。

年金暮らしの親に金銭援助してみる。


意識一つが未来を変えます。


『お金のブロック』

是非とも意識してみてください!


---------------------------------------


  お知らせ

協立病院地域医療連携課では、

新たに1名の医療ソーシャルワーカーを

募集しています。

 

うちの連携室、

最大の魅力は……

 

・人間関係良好 大事

・定時退勤可能 重要

・年休使い切り推奨 嬉しい

 

部署内には、

ケアマネ資格のある職員や看護師もいて、

わからないことがあっても安心です!!

 

意地悪な職員もいません(断言)

全員心優しい職員ばかりです。

 

私たちは『喜ばれる医療』を

実現できる仲間を求めています。

 

あなたもその一人になりませんか?


以下の募集ページよりご確認ください。

募集ページ


2023年1月20日金曜日

介護からは逃れられないのか?

こんにちは。

医療ソーシャルワーカーの横井です。


多くの方が将来的に抱える

問題の一つが『介護』です。


介護をこころよく受け入れられる

という人はあまりいないでしょう。


介護が必要になれば、

仕事が犠牲になり、

お金がかかり、

時間が奪われ、

身体的負担も大きくなります。


しかし、

残念ですが少子高齢社会では

介護からは目を背けられません。


◆介護からは逃れられない?

自分の配偶者や親が若いうちに、

事故や病気で亡くなれば別ですが、

そんなことを望む人はいないでしょう。


誰もが大切な家族に、

長生きをして欲しいと考えるものです。


ですが、

いつまでも元気というのは

やはり無理な願いかもしれません。


誰しもが高齢になると

身体機能が衰えていきます。


その時期を遅らせることはできても、

完全になくすことはできません。


いずれ「介護はやってくる」のです。


そんな介護をどこか他人ごとのように思い、

自分たちが抱える問題ではないと思ってしまう人がいます。


「こんなはずじゃなかった」

「こんなことになるなんて」

「まさかうちの父親に限って」


私たち医療ソーシャルワーカーが、

面談場面でよく耳にする言葉です。


人間はどうしても自分に都合の

よい方へと思考を向けてしまいます。


ただこうした考えが、

問題を大きくさせてしまうことを

忘れてはいけません。


◆備える気持ちが大事

平成後期から令和にかけて変わったものがあります。


それは、『防災に対する認識』です。


北海道にやってた台風と洪水

胆振地震からのブラックアウト


あの経験から、

私たちの防災意識は高まりました。


「わが家は大丈夫だろう」

「そうそう災害なんて起きやしない」

「まぁそのときはそのとき」


当初はそう思っていた多くの人たちが、

防災リュックを買い、

食料品や水を常備するようになりました。


発電機を買ったご家庭もあるでしょう。


いまや人々の意識は変わり、

「いやでも災害はいつか来る」という

認識になったのです。


◆介護も同じ!いつか来る

ある日突然転倒し骨折、

そのまま車いす生活へ…


脳梗塞を発症し寝たきりに…


なにも準備していないあなたは、

困り果ててしまうかもしれません。


仕事のこと

お金のこと

自身の体調のこと


なにも”準備”していなければ困ってしまいます。


そして誰もが、

潜在的にそれを理解しているのです。


誰かが仕事を代わってくれるわけでもなく、

誰かがお金を与えてくれるわけでもありません。


私たちはそんなことを、

いわれなくてもわかっているのです。


◆介護の準備でできること

ともすれば、

備えておかなければなりません。


あなた自身が、

あなたの家族が困らないための備えです。


そして介護の備えの第一歩は

「知識をもつこと」です。


介護制度のこと

介護にかかる費用のこと

仕事の介護休暇の体制など


いまは読みやすい書籍もたくさんありますから、

1冊2冊目をとおしておくとよいでしょう。


知っているのと知らないのでは、

まったく”未来”が異なります。


あなたは「備える人」になりますか?

それとも「備えず」に問題と向きあいますか?


私たちは医療介護のプロ集団ですが、

できることにも限りがあります。


「困らないようにする」のが一番なのです。


ぜひとも、

あなたや家族が困らないように、

『備え』を意識してみてください。


そして、

お困りの際は私たちを頼ってください!


---------------------------------------


  お知らせ

協立病院地域医療連携課では、

新たに1名の医療ソーシャルワーカーを

募集しています。

 

うちの連携室、

最大の魅力は……

 

・人間関係良好 大事

・定時退勤可能 重要

・年休使い切り推奨 嬉しい

 

部署内には、

ケアマネ資格のある職員や看護師もいて、

わからないことがあっても安心です!!

 

意地悪な職員もいません(断言)

全員心優しい職員ばかりです。

 

私たちは『喜ばれる医療』を

実現できる仲間を求めています。

 

あなたもその一人になりませんか?


以下の募集ページよりご確認ください。

募集ページ